掛け持ちは当たり前ママ活事情

お金に余裕のある40代から50代の女性を選んでいます

ママ活ではできるだけ気持ちとお金に余裕のある40代から50代の女性を選んでいます。
そうすることでリスクヘッジをすることが出来るからです。
若いと自分の欲求にコントロールができなくなってしまうため、尊敬できるような年上の女性の方が安心なのです。
こうして出会いを重ねていくうちに常に3人から4人のママがいる生活が当たり前になってきました。
今ではアルバイトをしなくてもママ活だけで生活が成り立つまでになっています。
食事や買い物に一緒に出かけると、報酬と一緒にプレゼントを貰ったり欲しいものを買ってくれたりするので、常に気持ちが満たされています。
お金も自由になるので、たまに同世代の女の子とデートをするときに羽振りよくおごってあげたりすることが出来るのも、ママのおかげです。
ママ活をはじめて良かったと感じることは、金銭的にかなり自由になることができたことにあります。
アルバイトだけではここまでの生活はできなかったでしょう。
また、ママになってくれる女性はほぼ全員歳上であり、社会的な地位もあるため、将来の進路の相談や大学の勉強について相談をすることが出来る事が助かっています。
自分と食事をしたり、デートをしたりすることでママ達に満足感を与えることが出来ると同時に、自分もママの存在によって精神的にも金銭的にも満たされています。
複数ママがいることが日常になっていますが、ママの方は自立した女性ばかりなので、深く詮索はせずに自由にさせてもらっているのです。
大学時代にママと出会えたことは大きな収入であり、また、大きな収穫であったと言えます。

出会いはbar | ママ活のきっかけ | お金に余裕のある40代から50代の女性を選んでいます

ママ活「ママ活」の意外な実態、東大生男子に地味め主婦が多い理由 | ニュース ...